カエルの種類

カエルくんの生活 > 学習しよう > カエルの種類

カエルの種類、どれくらい知っていますか? 外国のカエルの種類も入れると、とってもたくさんの種類があります。ここでは日本にいるカエルの種類を紹介していきましょう。アマガエルは、比較的どこでも見られるので、知っている人も多いでしょう。現在、日本には39種類のカエルが確認されています。

アマガエル

日本アマガエル一番身近なカエルの代表と言えば、このアマガエルです。アマガエルの指先には吸盤がついていて、すべりやすい葉っぱの上でも落ちることなく、しっかりとつかまっていられます。飛び移るときにも、木の枝などをしっかりとつかむことができます。

天気予報士

アマガエルは、漢字で書くと『雨蛙』と書くように、雨が降るのを察知(さっち)できる天才です。雨がふりそうになると気圧がさがって、カエルはその変化を感じると、木の上の方にのぼっていきます。

夏のはじめの夕立では、シャワーコールと呼ばれるとても高い声で鳴きます。長い間雨がふらないと、雨乞い(あまごい)といって、カエルに似た石をそなえて儀式をおこなったりしていました。

体の色が変る

アマガエルはふだん緑色の体をしていますが、環境によって体の色を変えて、敵(てき)から身をまもることができます。葉っぱの上だと緑色。土の上だと茶色い体になります。こうやって自分の身を守っているのです。

ページトップへ

ウシガエル

ウシガエル元々は食用としてアメリカから輸入されてきたカエルです。それが逃げ出し、野生化したものです。10〜20cmの大きさになるカエルで、食用ガエルとも呼ばれています。鳴き声は、ウシのようにモーモーと鳴きます。現在でも食べられているカエルは、このウシガエルになります。

ページトップへ

ヒキガエル(ガマガエル)

アズマヒキガエルヒキガエルは別名ガマガエルとも呼ばれています。ヒキガエルは、昔の歌舞伎や絵物語にもよく登場します。忍術使いが巨大なヒキガエルの背に立って、忍術を使ったりするのです。

ヒキガエルの耳腺からは毒液が出ます。ヒキガエルを刺激して、飛び散った毒液が目に入ると、角膜炎(かくまくえん)をおこしたりします。外国では、ヒキガエルを食べて命を落とした人もいるそうです。『ガマの油売り』で有名なカエルはこのヒキガエルです。

ページトップへ

トノサマガエル

トノサマガエル日本の古い書物に、『鳥獣人物戯画』という、国宝になっている絵があります。ウサギとカエルが相撲(すもう)をとったりしている絵です。これに描かれているカエルは、トノサマガエルだと言われています。メスの方が体は大きく、オスとメスの体の色が違います。

夜になるとかくれていた所から出てきて、田んぼなどに集まってきます。オスは小範囲でなわばりを持っていて。水面から体を出して大きな声でメスをさそいます。なわばりが持てない弱いオスは、目と鼻だけを水から出して様子をうかがいます。カップルができると、卵を産む場所を探すために、この鳴き声の大合唱からはずれます。

ページトップへ

ダルマガエル

ダルマガエルダルマガエルはトノサマガエルにそっくりなカエルです。田んぼや池、沼などに住み、水から離れることはありません。バケツの水に入れておいても逃げないと言われています。

松尾芭蕉(まつおばしょう)の俳句で有名な、『古池や かわず飛び込む 水の音』とうたわれている『かわず』とは、カエルのことで、このダルマガエルのことだと言われています。

ページトップへ

タゴガエル

タゴガエルは、このカエルを発見した人が『田子(たご)』という名前だったことからつけられた名前です。卵を産む時期になると、メスにのり、メスの体が見えなくなるくらいに体の皮膚(ひふ)を伸ばす特徴(とくちょう)があります。地面の穴や地面の下にある水の中に卵を産む、珍しい習性があります。ですから、タゴガエルの鳴き声は、地面からするので姿が見えません。

ページトップへ

アカガエル

ニホンアカガエルカエルは冬になると冬眠し、暖かい春の啓蟄(けいちつ)と呼ばれる頃に出てきます。アカガエルはこんな常識を吹っ飛ばすカエルです。

まだ肌寒く、日陰に行くと氷がはっているような時期に出てきて卵を産み再び姿を消してもう一度寝てしまいます。暖かくなると再び出てきて、また卵を産みます。暖かくなり、雨上がりには田んぼに集まってきて、カエルの合唱をかなでます。

ページトップへ

アオガエル

モリアオガエルアオガエルはきれいな緑色をしたカエルです。卵の産み方が変わっていて、春から夏の初めにかけて卵を産むのですが、モリアオガエルと呼ばれるアオガエルは、メスが膀胱(ぼうこう)に水をためて、オスと一緒に、木に登ります。

メスがネバネバした液と水を体から出してこね、白い泡(あわ)の巣ができます。この白い泡の中に、オスと一緒になって卵を産みます。水面の上の、木の枝にぶら下がったような巣ができます。やがて泡は表面がかたくなり、卵がかえると中からやわらかくなります。

雨が降ったりすると巣がくずれて下の水面に落ちていきます。シュレーゲルアオガエルは木の枝ではなく、田んぼのあぜみちなどに泡の巣を作り、卵を産みます。雨が降ると、田んぼに流れていくようになっています。

ページトップへ